↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします
フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

フレンチ・ブルドッグランキング

こたライフ

フレンチブルドック コニと小太郎との日々

おもいおもいの愛

日曜日。

 

いつもは、とっくに部活に行ってるはずの

リョータがいました。

 

テスト勉強期間で部活はおやすみ。

 

エネルギー余る彼。

その愛のベクトルは、そう

小太郎くんへ

 

f:id:sko3982:20190217205421j:image

 

坊主儀式もわすれません。

f:id:sko3982:20190217205451j:image

 

そして、元気ハツラツな

りんたこも

 

小太郎を座らせてはじまりました。

 

f:id:sko3982:20190217205603j:image

 

きょうは何がはじまるのか

 

f:id:sko3982:20190217205624j:image

 

カスタネットを持ってきたみたいで

叩きながら歌ってくれましたが

 

f:id:sko3982:20190217205709j:image

 

小太郎くん…

 

f:id:sko3982:20190217205724j:image

 

(笑)

 

※娘はデート。

 

【Koni】最期の日

2018.12.22 土曜日


その日のコニも、

痴呆の症状から夜中徘徊があった。

12/15から起こった行動、表情の変化を言葉に

表すならば

「虹の橋をわたる準備」。

 

静かに眠っている時間も長くなった。
寝ているときの呼吸は安定しすぎてて
静かすぎて不安なときもあった。

 

起きると徘徊を狂ったように始め
ひたすらぶつかりながら
ヨロヨロと歩く
暗い場所を探しているようにも見えた
わたしたちの声は耳に入らないようだ

そして止まっては、四隅で壁を向いて座る
上を見上げたりもする

まだ歩こうとしているのだから
大丈夫かもしれないななんて思いながら
朝から普通に家事をこなした

 

部活のりょうたを学校まで送り届けている時に
いつもの交差点で
夜明けの空をみて
なんだか綺麗な朝だなとおもった

そして、不思議だけど

このキラキラした朝を忘れられないなと思った。

 

車中、はやく部活終われたらいいねとか
コニは大丈夫だよとか話したりしていた。

 

朝、9時頃、りんたこのお友達ひろくんが
遊びに来た。りんたこのお部屋から聞こえる

二人の笑っている楽しそうな声。

 

その声の明るさとは違う空気のはじまり。

10時30分

コニの体調が変わっていくのがわかった。

いつもの発作ではない何か。

 

10時54分

りょうたから電話。

「部活、なんだか早めに終わったんだ」

わたしは急いで学校へ車で向かう

 

胸騒ぎがした。りょうたを迎えて真っ直ぐ帰宅。家のドアを開けるとき怖かった。


ひろくんがちょうど帰ろうとしていた。

コニは、布団をかけた状態でいつも通りに

横たわっていた。

 

12時すぎ。

コニの呼吸が変わった。

呼吸をするたびに

下顎から吐くようになった。

 

目を見開き瞳がかわったようになった

危篤状態とわかった。

 

わたし、りょうた、りんたこは

コニの横で泣き

撫で、声をかけることしかできない

 

連れて行かないでほしかった。

ほんとうは。

 

沢山頑張ってきたコニ
苦しかったよね。痛かったよね。

その時間長すぎたよね。

何もかもわすれちゃったコニ。

 

わたしの心の中のコニへの愛のことばは

【もう苦しめないで。痛くしないで】

 

今まで、絶対コニは治るからって信じて

いなくなるなんて絶対やだ!と言ってた

りょうたが涙を流しながら

一言言った。

 

「コニ、がんばらなくていいんだよ
コニえらかったね。ほんとに頑張ったね」


そう呼びかけたときに、コニは

あれだけ力なく寝てただけだったのに

首を持ち上げてりょうたの目を見た。

その目は、私たちを忘れてしまった瞳ではなかった。

大好きといつも駆け寄ってきてくれてた

コニの瞳だった。

 

一瞬でも

コニは、家族を思い出したのは

明らかでした。


その後、コニの呼吸が変わった
命の終わりを告げる呼吸だと
なんとなくわかった。

 

あたたかいコニの身体に3人で

寄り添って、コニの命が終わるときまで

名前を呼んだ。

 

ありがとう

また会いたいよ

痛いの終わりだよ

 

そしてコニの呼吸が止まった

 

悲しみと苦しみがやっと終わった
コニの苦しかった毎日
苦しい日々のおわり

 

コニが魂になり
身体も自由になり
足も痛くなくなって

たくさん

走って走って虹の橋を渡れるんだと
お母さんに会えるかなと

 

私たち3人はずっと泣いていた

りょうたは、ほのかに温かいコニの隣で
すこし眠っていた

 

わたしは棺をつくった
花を飾り
泣いた

 

「心に生き続ける」

 

その言葉の意味が

生まれて初めてわかった。

 

 

f:id:sko3982:20190216204116j:image

 

f:id:sko3982:20190216204121j:image

 

f:id:sko3982:20190216204256j:image

 

f:id:sko3982:20190216204126j:image

 

f:id:sko3982:20190216204111j:image

 

f:id:sko3982:20190216204530j:image

 

 

 

 

爪きりデー

小太郎のだいすきな

こたつを掃除のため一時撤去

 

f:id:sko3982:20190216132028j:image

 

不安な小太郎

 

f:id:sko3982:20190216132123j:image

 

小太郎の毛抜け真っ盛りなので

念入りに掃除をかけて

定位置にこたつをもどして

 

いそいそと戻ってきて

f:id:sko3982:20190216132223j:image

 

 

あー、ねむそ。

 

f:id:sko3982:20190216132256j:image

 

ちょっと離れて眠ろうとしてたので

おいでとお声がけ

 

f:id:sko3982:20190216132339j:image

 

そうなのよこたくん

f:id:sko3982:20190216132354j:image

 

f:id:sko3982:20190216132426j:image

 

うふふふふ。あはははは。

 

f:id:sko3982:20190216141949j:image

 

だましだまし

 

f:id:sko3982:20190216142008j:image

 

爪きりバッチリ👌

f:id:sko3982:20190216142335j:image

 

おわりました♡

 

 

初ウッドデッキ

きょうは昨日より

少しだけあったかい。

 

窓の外にお隣のげんさんとえーちゃんみっけ。

 

おいでよーって呼んで

えーちゃんと小太郎、庭で再び再会(笑)

 

f:id:sko3982:20190216123730j:image

 

あれ?少しだけ落ち着いてるかんじ。

えーちゃん、少しだけ犬見知り少なくなった?

 

f:id:sko3982:20190216123830j:image

 

小太郎はじめてつける

お散歩ハーネスとリード。

 

そしてはじめてのウッドデッキ

 

記念すべき日です。

 

f:id:sko3982:20190216124002j:image

 

調子にのって

ぐいぐいとえーちゃんに近寄ったけど

100万年はやいわよと言う意味なのか?

笑笑

 

それとも、えーちゃんも

あそぼっ!なのか?

 

えーちゃんと小太郎にしか分からぬ世界。

 

 

ちなみなずんこさんは、インフルエンザでした。

 

お大事に🌸

 

 

 

 

 

 

【Koni】2018.12.15〜

子宮蓄のう症の手術から

一年後、てんかんの発症。

 

てんかん発作が2018.7月におこってから

約5ヶ月後の12月15日。

 

年末で

仕事も忙しくて

街はクリスマスイルミネーション。

何処でもクリスマスソング。

そんな華やかな頃のこと。

f:id:sko3982:20190215155253j:image

 

f:id:sko3982:20190215155257j:image

 

コニの痴呆症状はすすんでいました。

てんかんの発作は薬で抑えられていましたが、いきなり年をとったかんじがしました。

我が家は、相変わらずシーツを敷き詰め

排泄の処理をし、よろよろでも動き回るコニの介添、洗濯、手から食事をさせ、お水を飲ませる、態勢を変えてあげるなどなどで

大忙しでした。

また、てんかん発作を極力抑えたいので

部屋は薄暗くしてました。

 

幸いにして会社が近いところにあったので

お昼休みには帰宅でき、

コニの様子を見れたり

留守中に汚れたものを処理することができました。

 

とにかく食欲があったので

それは救いだったなと今は思います。

f:id:sko3982:20190215155150j:image

 

12/15(土)

いつもの土曜日を過ごしていました。

昨日より食欲が無いなと思いました。

そして眠っている時間が

この日から長くなりました。

 

この時期には

体を足で支えることは難しくなってました。

それでも、立とう、歩こうとしてました。

 

突然、眠っていたコニが、起きて

よろよろしながら部屋をぐるぐるぐるぐる止まらないで動き始めました。

どんなに止めようと思っても抱っこしても

手足はずっと止まらない。

まるで歩いているようです。

 

何度か部屋の角で

壁を向いてじーっとしていたり

暗いところへいき

じーっとしていたり

 

また時間がくると

同じことを繰り返しながら

時は過ぎました。

 

今までの徘徊パターンと違うようなかんじで

最初は戸惑いましたが

もしかしたらほんとうにお別れが近い気がしました。

 

どんな呼びかけも

届かない。名前を呼んでも振り向かない

美味しそうなオヤツも、抱っこも

なでなでも、何も興味を持たない。

 

私たちが家族ということを

忘れているんだと思いました。

それが、悲しくて寂しくて

泣いてばかりいました。

 

子どもたちが、わたしが思っていることを言葉にしました。

「コニは、ぼくたちを忘れちゃったね」

 

そんなことないよとは言えませんでした。

 

代わりに私は、

「コニの命は、あと僅かかもしれない。

お母さんはそんな気がするんだ。

でも、コニって、優しいね。

みんなが悲しまないようにさ

お別れする心の準備させてるような気がしてならないんだ。コニ優しいからいつもさ。

 

今はコニに忘れられてしまって

みんな悲しいけどね、思い出して欲しい。

いままで家族がそれぞれ、他のことに夢中になったりいろんな事情で成長とともに

世界が広がってきても

コニはね、変わらないでいたよね。

いつでも私たちがすべてだったね。

それを今思い返して

愛してあげよう。恩返したくさんしようね。」

 

子どもたちは、コニが死ぬなんて

絶対いやだと言ってました。

 

命が短いなんて気づいてしまった

わたし。

繋がっていたからこそわかったんだと

勝手に思いました。

 

 

 

男子3人

きのうはバレンタイン

わたしは、チョコレートケーキ🍫をつくりました

※小太郎はチョコだめよ♡

f:id:sko3982:20190215070429j:image

 

 

男子3人は

お腹いっぱい食べて

お風呂はいってからの

レーニング笑

f:id:sko3982:20190215070612j:image

小太郎も見守って?います。

 

りんたこは付き添いというか

サポートというか

f:id:sko3982:20190215070600j:image

 

小太郎は、お腹をふくらませながら

のんびり

f:id:sko3982:20190215070433j:image

【Koni】痴呆と後ろ足の老化

小太郎が今日も元気いっぱいで部屋の中を

走っています。春まではまだまだお外には

出ません。

 

もうちょっと待ってね💦

 

コニのヘルニア、尾骶骨の変形の影響は

顕著に後ろ足を悪化させました。

踏ん張ることができなくなったコニは

あちこちで排泄するから

オムツという選択肢もあったんだけど

後ろ足が悪化してしまったので

オムツの重さ(紙一枚なのに)で動きづらそうなので付けないことにしました。

 

カーペットにオシッコ、毛布にもオシッコ、、、そして洗う。

まずは、ある程度手洗いをしてから

洗濯機を使っていたんですが

何度も何度も洗っていたら

手首が痛くてたまらなくなってしまいました。

 

一生懸命歩くコニの

後ろ足の支えになろうと

腰のところを中腰で支えて付き添ったり

 

お水も給水ノズルから飲めなくなりました。

後ろ足で踏ん張れず

うまく座れず、、お皿にお水をいれて

顔まで持っていってあげなくては

逆立ちの形になってしまうくらい

下半身だけが痩せてしまいました。

 

f:id:sko3982:20190214215059j:image

 

歩けなくなることは

こうやって筋肉を衰えさせることなんだと

とても実感しました。

 

同時に夜中の徘徊は、頻繁になっていきました。

 

けれど

 

何日かすると

また焦点が定り

しぐさなど正常で、記憶のある

コニに戻ってくれたり。

 

こにー!と呼ぶと

喜んでいる顔

 

こにー!と呼んでも

興味の無さそうに

ぼんやりしてる顔

 

でもね。どんなコニでも

どんなに部屋が臭くなって

手首が痛くても

 

今までコニがくれた愛を

思い出すし、いつまでお世話をできるのだろうという思いも浮かび

 

わたしは、コニのそばにいられることが

とても幸せにかんじました。

 

休む暇もなかったあの頃のこと

わたしにとって

コニと向き合うあの時間が一番すきでした。

 

f:id:sko3982:20190214215747j:image